新着情報を見る

今すぐ​ ​無償評価版を試す
簡単・最新・高性能な次世代型PCB設計をご紹介します。

Altium Designer 20は、可能性の新たな時代をもたらします。世界レベルのインタラクティブ配線エンジン、最新のチューニング機能、回路図のアップグレード、その他の機能強化により、ユーザーは正に無限の可能性を体験できます。Altium Designer 20を使用すれば、実現できない設計はありません。

任意角度の配線

密集したボード上の障害物を巧みに避けながらBGAの奥まで配線することで、追加の信号層が必要ありません。インテリジェントな障害物回避アルゴリズムを使用すると、正接円弧を使用して障害物を回避でき、基板面積を最も効率的に使用できます。

スライド

特に個々のアークと蛇行のチューニングを編集する必要がある場合、シグナルインテグリティーを改善するためのトレースの編集には時間がかかる場合があります。そのため、Altium Designer 20は、このプロセスを高速化するために新しいglossエンジンと高度なpush and shove機能を組み込み、ユーザーは生産性を向上させることができます。

インタラクティブなPropertiesパネル

最新のPropertiesパネルでは、オブジェクトや機能の設計をわかりやすくしました。関連プロパティ、サプライヤー情報、ライフサイクル情報に至るまで、すべてリアルタイムで表示されます。

回路図のレンダリング

Altium DesignerのDirectXにより、スムーズかつ迅速に回路図を扱うことができます。この新技術の実装によりズームがスムーズになり、パンによってコピーアンドペースト機能が劇的に高速化しました

回路図のダイナミックデータモデル

大きな回路図を不用意に再コンパイルすると、かなり時間を取られることがあります。そのためAltium Designerでは、新たにダイナミックデータモデルを採用しています。これにより、増分のコンパイルがバックグラウンドで継続的に実行されるため、設計全体をコンパイルする必要がなくなりました。

時間ベースで配線長を一致

高速デジタル回路は、信号とデータが時間通りに到着することに依存しています。トレースのチューニングが不適切である場合、伝送時間が変動し、データエラーが大量に発生する可能性があります。Altium Designer 20では、トレース上の伝播時間を計算し、高速デジタル信号の伝送時間を同期できます。

沿面距離のルール

高電圧回路では、沿面距離が問題となることがあり、設計を台無しにする可能性のあるリーク電流が発生します。Altium Designer 20には、沿面距離をチェックできる新機能があります。

リターンパスのチェック

適切なリターンパスが提供されていないと、高速信号によってクロストーク、データエラーが発生したり、放射される可能性のある電磁場が生成される可能性があります。適切なリターンパスにより、非常に低いインピーダンスを介してノイズ電流がGNDに戻り、問題が解消されます。Altium Designer 20でリターンパスを監視し、すべてのリファレンス ポリゴンのリターンパスの整合性をチェックするため、ユーザーが手動で行う必要はありません。

Altium Designer 20は現在、販売中です!

業界で最良のPCB設計ツールをぜひ、今すぐご体験ください。

現在、ご使用のPCB設計ツールを選択すると、そのツールで使用可能な新機能を確認できます。