無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    PCBデザインを製造業者と連携

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • A365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    Agilent-Qianfeng Electronics Technologies社は、新しいR&D研究所の最も生産性の高いソリューションとして、アルティウムの基板設計テクノロジーを選びました。

    背景

    中国で急成長している2000億ドルのエレクトロニクス業界へのAgilent Technologies社の進出の重要な鍵として、アジレント社と有名な中国企業であるChengdu Qianfeng Electronics社が共同出資したベンチャー企業、Agilent-Qianfeng Electronics Technologies社は、中国四川省成都の研究開発(R&D)施設で使用する生産性の高い電子回路設計ソフトウェアを求めていました。2005年1月に開設されたAgilent-Qianfeng社のR&D研究所は、急成長する中国の試験測定(T&M)市場に乗じるため、戦略的に重要なT&M機器の研究を可能な限り最短期間で遂行する必要がありました。Agilent-Qianfeng社の研究所が選んだ基板設計CADは、費用およびカスタマーサポートといった主要な考慮事項とともに、この目的に絶対不可欠でした。アルティウムは、Agilent-Qianfeng社のベンダーとして選ばれ、長期的な成功を目指す目標におけるパートナーとなりました。

    課題

    中国地域のアジレントブランド向けの先駆的な製品の研究開発では、Agilent-Qianfeng社のR&D研究所は、年間20%(1)の成長が報告されているローカル市場のダイナミックな特質に合わせて、短い開発設計サイクルで作業を進める必要がありました。これはつまり、製品研究で使用される反復設計手法と併せて、研究員ができるだけ短時間で開発ソフトウェアを習熟する必要があるということを意味しました。短期間での効率的な製品開発が研究所の基本目標である一方で、試験機器の精度と高い信頼性のために継続的に反復されるアジレントの作業も最重要事項であり、同じようにR&D段階で使用するソフトウェアの精度と性能が大いに求められます。

    解決策

    設計および基板レベルの開発の厳しい要求に対してさまざまなソフトウェア ソリューションを検討した結果、Agilent-Qianfeng社は、R&D研究所の技術スタッフに最適な設計システムとして、Altium DesignerのProtel*ライセンスオプションを選択しました。Protelの短い学習曲線、直感的な操作、高度な統合、強力な機能、費用対効果に基づき、Agilent- Qianfeng社は、基板レベルの開発でメンター・グラフィックス社のソリューションを使用しているアジレント社にはならわず、異なる決定を下しました。

    Agilent-Qianfeng社のR&D研究所は当初、20本のAltium Designer Protelネットワークライセンスと4本のシングルユーザー用Protelライセンスを使用しています。これにより、コンセプトから完成にいたるまで、基板レベルの設計プロジェクトを可能な限り最短期間で実施するために必要な全ての機能が提供されます。研究所の技術者たちは、Protelのシームレスなツールの統合、習得の手軽さ、直感的な操作が決め手となって、全てのベンダーの製品の中からこの基板レベル設計システムを選択しています。

    導入効果

    Agilent-Qianfeng Electronics Technologies社の研究所は新しいR&D施設ですが、技術者たちは、アジレント社の世界規模の技術試験計測製品ポートフォリオのための製品開発を目指して、基板設計を開始しました。研究所における生産的な設計環境への迅速な取り組みは、アルティウムのローカルサポートチームとグローバルカスタマーケアチームによってサポートされました。このチームは、研究所と連携して技術の円滑な採用を促し、現在継続しているエンジニアリング サポート、およびトレーニングという形でこのパートナーシップを続けています。Agilent-Qianfeng社には、Altium DesignerのProtelライセンスの効用による生産性と品質を評価していただくとともに、アルティウムのサポートチームおよびセールスチームの応答のよさと積極的な姿勢に好印象をもち、将来においてもこのパートナーシップを期待していただいています。

    製品情報

    Agilent-Qianfeng社は、試験計測機器を、手ごろな所有コストで信頼性の高いテストソリューションを求める調査機関や電子機器製造業者に提供しています。2004年に中国が日本を抜いてアジレント社の第2の市場になるとともに、アジレント社は、当時中国に現れつつある3G(第三世代)通信戦略のような技術に大きな機会を見出しています。中国では、2006年までに年間250万台の携帯電話機器が製造されることが期待されており、中国TD-SCDMA(時分割同期符号分割多重アクセス)標準を含む全ての3G標準に対して試験計測機器製品を供給するという有利な位置にあります。

    お客様情報

    Agilent-Qianfeng Electronics Technologies社は、Agilent Technologies社の試験計測部門とChengdu Qianfeng Electronics社の共同出資によるベンチャー企業であり、中国および世界市場向けの試験装置の開発製造の責務を負っています。Chengdu Qianfeng社は、電子機器、家電製品、電子機械の業界をリードする著名な企業であり、中国ではプレミアブランドとして認められています。

    Agilent Technologies社は6年前にHewlett Packard社から独立した企業であり、通信、電子機器、生命科学、化学分析業界の世界的なテクノロジーリーダーです。Agilent-Qianfeng Electronics Technologies合弁企業は、Electronic Measurement Group(EMG)の一員です。

    Altium can provide a similar solution for your business. Contact us today to learn more.

    Related Stories

    SpaceQuest uses Altium Designer to develop game changing AIS satellite payload.

    Read more

    Design, manufacture and sales of product vending equipment

    Read more

    Engineering celebrity Joe Grand uses Altium Designer to create“crazy” but challenging electronics designs for popular TV show

    Read more
    各種お問合せ先
    お問合せ 購入方法 サポート
    アルティウムジャパン
    03-6435-9682

    各国のオフィス