無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    PCBデザインを製造業者と連携

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • COMPONENT DATA
  • Ciiva

    実現可能な設計を行うためのインテリジェントな部品データベース

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Online Viewer

    The easiest way to visualize your electronic designs online

  • Altium Designer 19

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE 2019

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    IoTデバイスのサイバーセキュリティと物理的なセキュリティの両方を確保するための最先端のモジュールの構築にあたって、Zymbit社の技術者はアルティウムのテクノロジーを活用しています。

    ZYMBIT: モジュラー セキュリティ ソリューションでトレンドの一歩先へ

    IoT(モノのインターネット)は、一向に減速する気配を見せず、今も急速に拡大し、デバイスの台数は近い将来に500億台を超えると予測されています。つまり、このトレンドについて行くためには、いくつかの重大な仕事に対処しなくてはなりません。  

    すべては刻々と進化しており、現在の方法がいつまでも存続することはありません。この傾向に足並みを揃えるには、デバイスを設計、製造、管理する方法を大きく見直す必要があります。技術が成長、順応し続ける中で留意すべき最も重要なこと、それはセキュリティにほかなりません。

    既存および将来のデバイスを安全に維持することは、テクノロジーだけでなく、社会にとっても必要不可欠です。つまり、経済、国家安全保障、政治環境、個人情報はすべて危険にさらされる恐れがあるのです。そのうえ、これらの危険は放置すると大きくなる一方です。この問題を誰よりも理解しているのが、次世代のIoTセキュリティ デバイスを提供するZymbit社です。

    「IoTが進展する中、ますますデータに焦点が置かれて分析されるようになっています」ハードウェア設計者であり、Zymbit社のCEOを務めるPhil Strong氏はこのように述べています。「IoTはペースが速いため、セキュリティが最終的に追い付けなくなることは多々あります。そこで私たちの出番です」

    ZYMBIT: 一度に1つずつIOTデバイスをロックダウン

    残念ながら多くの場合、現場でpilot systemを展開する前に、ソフトウェア開発者が一番後回しにするのがセキュリティ関連の作業です。この段階になると、チップレベルの暗号化認証ソリューションを統合するのは難しく、大半の場合は完全に一から設計をやり直さない限り不可能です。

    Zymbit社はこの点にいち早く着目し、その解決に乗り出しました。ここで必要になったのは、ソフトウェアとハードウェアの両方の開発者が自らの設計サイクルに容易に統合できるセキュリティモジュールを設計して構築することでした。そしてついに、シングルボード コンピュータでもソフトウェア サービスでも同様に機能するモジュールの開発に至りました。ここでは、知的財産、データ、認証情報におけるサイバーセキュリティと物理的なセキュリティに対応する完全なセキュリティ対策が、すべて1つの小さなパッケージにまとめられています。

    構想から構築までの迅速なプロセス

    アイデアのすばやい具現化は、どんなビジネスにとっても成功の大きな要因となります。Zymbit社もこれに漏れず、デバイスの背後にある考え方を確立させて形にする必要がありました。開発の対象になったのは、統合が容易で合理化された効率の良いツールですが、Zymbit社がそこで採用したのが、こうした要件以上のものに対応してくれるアルティウムのCircuitStudio®でした。

    このモジュールの大きな特徴は物理的な改ざんに強いことですが、これは見落とされがちな機能です。「物理的なセキュリティと改ざんの検出は軽視される傾向にありますが、これらは極めて重要です」Zymbit社の営業部長を務めるScott Miller氏はこのように述べています。こうした要件に対応するために、きめ細な機能を備え、厳密な許容誤差が設定されたパッケージを使用しました。CircuitStudioではコンポーネントをSTEPファイルとして容易にエクスポートできるため、アセンブリを3Dでモデリングしてカスタムのコンポーネントを作成する機械技術者と設計者との間の情報交換が大幅に改善しました。

    最終的には、設計と製造のプロセス全体が、CircuitStudioによる直感的な機械的統合を通じて簡素化されました。そのため、セキュリティデバイスの最初の試作品をわずか6週間未満で完成させることができました。「当社のお客様の大半は大企業のため、社内の設計者と委託製造業者との間である程度、設計を統合できることが求められます。そのため、お客様のツールチェーンに対応する専門的なツールや製品を確保することが重要になります」 Phil Strong氏はこのように話しています。

    将来の未知の領域に目を向ける

    製造技術に関するご自身の認識はいったん忘れてください。携帯電話、パソコン、タブレットといったバイスは大量生産を目的に設計されていますが、未知の領域であるIoTには「ゼロからの構築」が伴います。

    IoTを支えている構造は、絶えず進化するデバイス接続を基礎としており、それぞれが独自の目的を果たします。ただし、概念化したデバイスが数か月後にどのようになっているのかは、簡単に予測できません。それが数年後のこととなれば、なおさらのことでしょう。これらのデバイスを製造と統合に向けて完全に準備するためには、その前の設計やテストにかかる時間を考慮に入れる必要があります。目の前にあるこうしたタスクは容易なものではありませんが、幸運なことにZymbitのような企業が先陣を切ってくれています。Zymbit社は、進化し続けるIoT に足並みを揃えていくことでしょう。アルティウムのツールを活用して構築されるデバイスによって、さらに安全で安心できる未来がもたらされることになります。

    Related Stories

    Danish Interpretation Systems (DIS) uses Altium technology to develop the world’s most-advanced digital conference system.

    Read more

    More time designing electronics and less time fighting the software. Directed Energy makes the switch to Altium Designer.

    Read more

    SpaceQuest uses Altium Designer to develop game changing AIS satellite payload.

    Read more
    各種お問合せ先
    お問合せ 購入方法 サポート
    アルティウムジャパン
    03-6435-9682

    各国のオフィス