Altium Designer Documentation

PlaceTextFrame

Modified by Susan Riege on Jan 30, 2019

Parent page: Schematic Commands

The following pre-packaged resource, derived from this base command, is available:


Applied Parameters: None

Summary

This command is used to place a Text Frame object onto the active document. A text frame is a non-electrical drawing primitive. It is used to define an area on a schematic to contain textual information. The frame is a resizable rectangular area that can contain multiple lines of text and can automatically wrap and clip text to keep it within the bounds of the frame.

For detailed information about this object type, see Text Frame.

Access

Text frames are available for placement in the Schematic Editor and Schematic Library Editor, by:

  • Choosing Place » Text Frame from the main menus.
  • Locating and using the Text Frame command () on the Active Bar.
If the command has been recently used from the Active Bar, it will become the active/visible button. Where other commands are available, this is indicated by a triangle at the bottom-right corner of the button. Click and hold on the active button to access a menu of all associated commands for that grouping.
  • Clicking the  button on the Utility Tools drop-down () of the Utilities toolbar.
  • Right-clicking in the workspace and choosing Place » Text Frame from the context menu.

Use

After launching the command, the cursor will change to a cross-hair and you will enter text frame placement mode. Placement is made by performing the following sequence of actions:

  1. Position the cursor and click or press Enter to anchor the first corner of the text frame.
  2. Move the cursor to adjust the size of the text frame and click or press Enter to complete placement.
  3. Continue placing further text frames, or right-click or press Esc to exit placement mode.
At any time during placement, press the Tab key to access the Properties panel, from where properties for the text frame can be changed on-the-fly. Pressing Tab pauses placement, allowing you to interact with the panel (or other area of the software) directly. To resume, click the pause symbol that appears over the workspace.

Additional actions that can be performed during placement - while the text frame is still floating on the cursor, and before its first corner is anchored - are:

  • Press the Alt key to constrain the direction of movement to the horizontal or vertical axis, depending on the initial direction of movement.
  • Press the Spacebar to rotate the text frame counterclockwise or Shift+Spacebar for clockwise rotation. Rotation is in steps of 90°.
  • Press the X or Y keys to mirror the text frame along the X-axis or Y-axis respectively.

Tips

  1. While text frames can be rotated or mirrored along the X or Y axis, this has no effect on the orientation of the text within.
  2. For simple one line text annotations, consider using the Text String object.
  3. For information on how a placed text frame object can be modified graphically, directly in the workspace, see Graphical Editing.
  4. While attributes can be modified during placement (Tab to bring up the Properties panel), bear in mind that these will become the default settings for further placement unless the Permanent option on the Schematic - Defaults page of the Preferences dialog is enabled. When this option is enabled, changes made will affect only the object being placed and subsequent objects placed during the same placement session.

 

Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

We're sorry to hear the article wasn't helpful to you.
Could you take a moment to tell us why?
You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document:
Altium Designer 無償評価版
Altium Designer 無償評価版
Altium Designerを使用していますか?

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

評価版ライセンスが必要な理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、評価版ライセンスは不要です。

ボタンをクリックして、最新のAltium Designerインストーラをダウンロードしてください。

Altium Designerインストーラをダウンロードする

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

Altium Designerの新規ライセンスのお見積もりをご希望の場合、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerサブスクリプションをご利用中の場合、評価版ライセンスは不要です。

お客様がAltium Designerサブスクリプションの有効なメンバーではない場合、下記のフォームに入力して無償評価版をダウンロードしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerを評価する理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

無償評価版を使用するには、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Great News!

Valid students can get their very own 6-month Altium Designer Student License for FREE! Just fill out the form below to request your Student License today.

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

素晴らしいですね。アルティウムではモノづくりに最適なプログラムを提供しています。

Upverterは、コミュニティ主導型の無償プラットフォームで、お客様のような作り手の要求に合わせて設計されています。

試してみる場合、こちらをクリック してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。