Video Transcript

PERIPHERAL REGISTER VIEW

詳細なハードウェア情報と制御を用いてソフトウェア設計のデバッグを行います。多くの場合、組み込み設計では、その周辺機器へのアクセスが目的のプロセッサーのフラットなメモリーマップのみを経由する場合、問題となる可能性のあるメモリーマップされた周辺機器を使用してデバッグする必要があります。新しいPeripherals Panelでは、この問題が解消されています。ソフトウェア設計に組み込まれたWishbone周辺機器のレジスタとフラグへの、名前や型の指定によるアクセスが付与されます。