タッチセンサー式電子機器は技術の最前線にあります。機械式のボタンやスイッチと交換することにより、通常製品を新しい革新的な製品に切り替えながら、物理的摩耗や防水の問題も減らすことができます。ただし、これらのデバイスに適切に設計を実装することは、適切なリソースがなければ大きな課題になる可能性があります。タッチセンサーを自分の設計ワークフローに簡単に統合するために何ができますか?

タッチセンンサーを必要とする複雑なPCB機能の設計

電子製品へのタッチセンサーの搭載は、設計開始時に始まってすべての段階にまでおよぶプロセスです。回路図でタッチセンサーデバイスの構成詳細を管理する方法は、結局のところ、最終的な設計に影響を与える可能性があります。また、初めから作業をやり直すという難儀を抱えることになるかもしれません。確実に1回で済ますため、必要なリソースをどこで探しますか?

設計のすべての段階の内蔵タッチセンサーリソース
付属された必要ツールをすべて活用して適切に設計


入手困難なタッチセンサー部品の探索

タッチセンサーは、現代における設計の革新です。適切な部品を探すことは多くの場合むずかしい問題です。設計プロセスの完了は後回しにして、決定したタッチセンサーが旧式なのか、法外に高価なのかを調べましょう。いったん完了した作業をやり直すと、結局その後の夜間や週末の時間を残業に費やすことになるでしょう。設計開始に先立ち、適切な部品を適正価格で入手するため、何ができるかが重要です。

正確かつ最新の部品情報
設計を開始する前に、タッチセンサー部品のあらゆる情報を入手


最新のフレキシブルタッチセンシング技術の活用

私たちの日常生活において、タッチセンサーは電子機器にますます多く組み込まれています。偶然新たに出現したタッチセンシング技術のための設計ツールが必要です。また、この技術は、場合によっては、柔軟性、透明性、耐久性、あるいはその他のさまざまな課題への追加対応が必要であることも意味します。タッチセンシング技術の未来のため、どのように設計しますか?

フレキシブル電子回路のための強力な設計ツール
設計を現実世界と同じように視覚化

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス