PCB コンポーネント形状の検出を改善

This documentation page references Altium NEXUS/NEXUS Client (part of the deployed NEXUS solution), which has been discontinued. All your PCB design, data management and collaboration needs can now be delivered by Altium Designer and a connected Altium 365 Workspace. Check out the FAQs page for more information.

 

グリッド直行境界ボックスの問題

以前のバージョンの PCB エディタでは、コンポーネントの境界ボックスは、全てのコンポーネント プリミティブ(シルクスクリーン テキストを除く、銅箔、シルクスクリーン レイヤ オブジェクト)を囲った最小の四角形で定義されました。この境界ボックスは、セレクションやコンポーネントの衝突チェックに使用されました。これは、四角形以外のコンポーネントの選択や衝突チェックが困難でした。

コンポーネントを回転した時、この方法による制限の問題が起こりました。境界ボックスは回転しなかったので(グリッドに直行したままでした)、より大きい境界ボックスになりました。この動作により、誤ったコンポーネントの衝突が起こる場合がありました。また、大きなコンポーネント、または回転したコンポーネントの近くにある、小さいコンポーネントを選択することが困難でした。

コンポーネントを回転した時、境界ボックスは、グリッドに直行したままでした。コンポーネントを回転した時、境界ボックスは、グリッドに直行したままでした。

正確なコンポーネント形状の表現

このバージョンでは、これを解決するためにいくつか変更しました。

  • コンポーネントを回転した時、境界ボックスは、コンポーネントと一緒に回転します。

コンポーネントの境界ボックス(とセレクション ボックス)は、コンポーネントと一緒に回転します。コンポーネントの境界ボックス(とセレクション ボックス)は、コンポーネントと一緒に回転します。

  • Courtyard レイヤ(Layer Type を Courtyard に設定したメカニカルレイヤ)で定義した形状がある場合、セレクションやコンポーネント衝突検出で正確な形状が使用されます。

コンポーネントのセレクションや衝突検出で正確な形状を作成するために Courtyard レイヤを含める。コンポーネントのセレクションや衝突検出で正確な形状を作成するために Courtyard レイヤを含める。

  • コンポーネントに 3D モデルが含まれている場合、これは衝突チェックに使用され、courtyard レイヤ上の形状は、セレクション ボックスに使用されます。
  • メカニカルレイヤのオブジェクトは、セレクション境界ボックスから除外されますが、3D 外形、または Courtyard レイヤ オブジェクトが定義されていない場合、衝突チェックの境界ボックスに含まれます。
Content