Altium NEXUS Documentation

New Search, Edit Saved Search

Modified by Susan Riege on May 2, 2018

  The two variations of the New Search, Edit Saved Search dialog

Summary

The New Search, Edit Saved Search dialog is used to create and save a search or edit an existing search in a managed content server.

Access

The dialog is accessed from the Explorer panel in the following ways:

  • To access the New Search version to create a new search, right-click in the Saved Searches region on the Search tab then select New from the context menu.
  • To access the Edit Saved Search version to edit an existing search, right-click on a saved search in the Saved Searches region on the Search tab then select Edit from the context menu.
The title of the dialog varies depending upon how the dialog is accessed, however, the the controls of the dialog remain the same.

Options/Controls

  • Saved Search Name - use this field to give the search a meaningful name (e.g., Resistor).
  • Shortcut - use this field to define an optional keyboard shortcut for quick access to the search. To populate the field, click in the field then perform the shortcut on the keyboard.
  • Component Types - use the drop-down to choose the specific component types to be targeted in the search. All supported types are listed and any number of types can be enabled.
It is very important that the ComponentType has been specified for your server components prior to release. This is typically set in the referenced component template, but can manually be set in the CmpLib while editing the component.
  • Parameters - this region lists parameters that are available in the search. Initially, all detected parameters across all component types are listed. Once the Component Types field has been defined, only those parameters detected for the enabled component type(s) will be listed. For each parameter, the following fields are available:
    • Show Filter - enable to show a corresponding filter field for the parameter above the Search Results region on the Search tab. It is through such a field that you can fine tune your searches based on value criteria stipulated for that parameter.
    • Default Visibility - enable to have a column for the parameter presented by default in the Search Results region on the Search tab. Columns for parametric data can be hidden or made visible at any stage directly from the view.
    • Parameter - the name of the parameter. This could be a system parameter or a user parameter. Remember that in order to use range searches, parameters must be defined through an assigned component template and be unit-aware (of a specific data type).
    • Type - the data type for the parameter. For ranged searches, the parameter should be set to a unit-aware data type. This can be done only through a component template that is then assigned to the component library prior to releasing the component definitions.
    • Default Value - use this field to constrain use of a parameter to a particular value or range (if the parameter is a unit-aware data type).
When defining a value, the range is depicted by using the hyphen character (for example, 10kOhm-40kOhm). You also can use greater than (>) and less than (<). Greater than and less than symbols are inclusive.
  • Public - enable (check) this option to allow any user of the managed content server to see and use your saved search. If you want the search private to only you, disable (uncheck) this option.
  • Add/Save- click to add/save the defined search. The search will be saved as an entry under Generic Search in the Saved Searches region of the Explorer panel.
A set of saved searches can quickly be generated by right-clicking in the Saved Searches region then choosing the Generate From Component Types command from the context menu. The set covers all supported component types.
Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document:
Altium Designer 無償評価版
Altium Designer 無償評価版
Altium Designerを使用していますか?

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

評価版ライセンスが必要な理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、評価版ライセンスは不要です。

ボタンをクリックして、最新のAltium Designerインストーラをダウンロードしてください。

Altium Designerインストーラをダウンロードする

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

Altium Designerの新規ライセンスのお見積もりをご希望の場合、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerサブスクリプションをご利用中の場合、評価版ライセンスは不要です。

お客様がAltium Designerサブスクリプションの有効なメンバーではない場合、下記のフォームに入力して無償評価版をダウンロードしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerを評価する理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

無償評価版を使用するには、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Great News!

Valid students can get their very own 6-month Altium Designer Student License for FREE! Just fill out the form below to request your Student License today.

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

素晴らしいですね。アルティウムではモノづくりに最適なプログラムを提供しています。

Upverterは、コミュニティ主導型の無償プラットフォームで、お客様のような作り手の要求に合わせて設計されています。

試してみる場合、こちらをクリック してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。