Altium NEXUS Documentation

Pick and Place Setup

Modified by Tiffany Cullen on Aug 14, 2019

The Pick and Place Setup dialog

Summary

This dialog provides control to select pick and place options before generating the output.

Access

The Pick and Place Setup dialog can be accessed in the following ways:

  • Click File » Assembly Outputs » Generates pick and place files from a PCB.
  • Double-click Generates pick and place files under Assembly Outputs in the Outputs region of an OutJob (*.OutJob). 

Options/Controls

  • All Columns - a list of parameters from which you can choose to be included in the output file. Enable the Show column of the parameters you want to include in the output. The location information is expressed in three ways, corresponding to the three methods by which a component footprint's reference point can be specified in the source PCB library:
    • Center X, Center Y - coordinates for the component's center point
    • Ref XRef Y - coordinates for the component's user-defined reference point
    • Pad XPad Y - coordinates for Pad 1 of the component.
  • Grid region - this region is a preview of the information that will be included in the output file.
  • Output Settings
    • Units - use this region to specify whether to use Imperial or Metric units of measurement for the component location coordinates.
    • Show Units - enable to show the units.
    • Separator - select the desired unit separator from the drop-down.
  • Formats - select in which format (CSV and/or Text) you want to generate output.
  • Exclude Filter Parameters - enable to exclude parameters being used for filtering (refer to the Tips section below for more information).
  • Include Variation Component - enable to include variants.
After clicking OK, the file(s) will be generated (Pick Place for <PCBDocumentName>.csv and/or Pick Place for <PCBDocumentName>.txt). The files will be stored in accordance with the Output Path defined on the Project Options - Options dialog.  
The files will appear in the Projects panel under the Generated\Text Documents sub-folder for the project. If the option to Use separate folder for each output type is enabled on the Options tab of the Project Options dialog, the files will appear in the panel under the Generated (Pick Place Output)\Text Documents sub-folder.

Filtering

When filtering has been applied, the Pick and Place Setup dialog appears as shown above. Additional controls in this variation include:

  •  - click to delete the filtering displayed to the right. Use the checkbox to the right to enable/disable the filtering rather than deleting it fully.
  • Down arrow - click to access a list of previous filtering. Choose the desired filtering to filter the current grid.
  • Customize - click to open the Filter builder dialog to create more sophisticated and complex filters.

Tips

  • To exclude specific parts from the report, such as fiducials, the dialog provides the ability to apply custom filtering. To apply filtering, click the filter icon ( ) in a column header. Notice that the subsequent menu lists all individual row entries for quick selective filtering. Click the (Custom…) entry to access the Custom Filter dialog. Use the dialog to specify which rows of data to show in the BOM based on the filtering criteria defined for that column. Once applied, the filter icon turns blue ( ) to indicate custom filtering is in force for that column. Apply custom filtering to other columns of data as required – the full filter currently applied is reflected at the bottom-left of the data region. Columns being used for filtering can also be excluded from the generated pick and place files by enabling the Exclude Filter Parameters option.
Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document:
Altium Designer 無償評価版
Altium Designer 無償評価版
Altium Designerを使用していますか?

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

評価版ライセンスが必要な理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、評価版ライセンスは不要です。

ボタンをクリックして、最新のAltium Designerインストーラをダウンロードしてください。

Altium Designerインストーラをダウンロードする

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

Altium Designerの新規ライセンスのお見積もりをご希望の場合、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerサブスクリプションをご利用中の場合、評価版ライセンスは不要です。

お客様がAltium Designerサブスクリプションの有効なメンバーではない場合、下記のフォームに入力して無償評価版をダウンロードしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerを評価する理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

無償評価版を使用するには、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Great News!

Valid students can get their very own 6-month Altium Designer Student License for FREE! Just fill out the form below to request your Student License today.

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

素晴らしいですね。アルティウムではモノづくりに最適なプログラムを提供しています。

Upverterは、コミュニティ主導型の無償プラットフォームで、お客様のような作り手の要求に合わせて設計されています。

試してみる場合、こちらをクリック してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。