Altium NEXUS Documentation

DocumentOptions

Modified by Susan Riege on Mar 20, 2019
このページは、サポート対象外となったAltium Vaultについて紹介しています。Altium Vaultとそのコンポーネント管理機能は Altium Concord Proに移行しました。

Parent page: UnifiedComponent Commands

The following pre-packaged resource, derived from this base command, is available:


Applied Parameters: None

Summary

This command is used to access the Document Options dialog, which offers controls for specifying the target server folder in which the component items generated from the source component definitions will be created and also the lifecycle definition and revision naming schemes to be employed for those Items. You also can define a default Component Naming scheme for components released from the CmpLib file, ensuring a unique ID for each resulting component item in the server.

Access

This command can be accessed from the component library editor when configured in either Single Component Editor or the Batch Component Editor mode by choosing Edit » Document Options from the main menus.

When configured in Batch Editor mode, access can also be made by right-clicking over the lower grid region then choosing Document Options from the context menu.
Switch between modes for the Component Library Editor (Single Component Editor or Batch Component Editor) using the applicable command from the main Tools menu.

Use

After launching the command, the Document Options dialog will open. Use this dialog to determine:

  • A default folder within the target server in which to store the released Component Items (only relevant when in Batch Editor mode).
  • The Lifecycle Definition and Revision Naming schemes to be employed for the generated Component Item(s) from defined schemes currently available for the targeted server.
  • A default scheme for component naming (only relevant when in Batch Editor mode). The entry here will be used as the template for automatically naming a newly-added component definition (in its associated Item ID field). The software will automatically assign the next available unique ID, based on that scheme after scanning the entire server and identifiers of existing Items for the targeted server.

The dialog also provides the means to reference a defined Component Template Item. Choose a template using the controls available on the dialog's Template tab (only relevant when in Batch Editor mode). A Component Template provides predefined settings for use by component definitions defined within the Component Library.

Tips

  1. If the Component Library references a Component Template, the various elements in the Document Options dialog will only be editable if the corresponding Allow Override option was enabled in that template.
  2. A default Item naming scheme (CMP-{00000}) is provided, but you can create your own scheme by typing it within the field, ensuring that the variable portion is enclosed in curly braces (e.g., CMP-001-{0000}). Alternatively, you can override the auto-assigned ID for a component by entering the ID required directly in the Item ID field (Batch Editor mode) or Id field (Single Component Editor mode) in the component editor. You always have full control over how the Items are identified.
  3. The Target Vault field is read-only. It reflects the server in which the existing component(s) being edited reside or, for a new component, the server for which you are currently signed in.

 

Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document:
Altium Designer 無償評価版
Altium Designer 無償評価版
Altium Designerを使用していますか?

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

評価版ライセンスが必要な理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、評価版ライセンスは不要です。

ボタンをクリックして、最新のAltium Designerインストーラをダウンロードしてください。

Altium Designerインストーラをダウンロードする

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

Altium Designerの新規ライセンスのお見積もりをご希望の場合、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerサブスクリプションをご利用中の場合、評価版ライセンスは不要です。

お客様がAltium Designerサブスクリプションの有効なメンバーではない場合、下記のフォームに入力して無償評価版をダウンロードしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerを評価する理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

無償評価版を使用するには、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Great News!

Valid students can get their very own 6-month Altium Designer Student License for FREE! Just fill out the form below to request your Student License today.

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

素晴らしいですね。アルティウムではモノづくりに最適なプログラムを提供しています。

Upverterは、コミュニティ主導型の無償プラットフォームで、お客様のような作り手の要求に合わせて設計されています。

試してみる場合、こちらをクリック してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。