今すぐ入手 - 世界で最初のつながるPCB設計体験: Altium DesignerとAltium 365

設計レビューの使用事例

設計レビューは、よい結果を得るためには重要です。Webブラウザ、またはAltium Designerでのコンテキストに応じたコメントを通じて設計に関する議論を保存することで、フィードバックが確実に記録され、効果的に実施されるようにします。

電子設計の共同作業の使用事例

世界中のどこにいても、他の技術者と協力できます。Gitベースのバージョンコントロールと視覚的差別化機能により、設計者どうしが常に、同期していることを確認できます。

お客様との相互作用の使用事例

どこからでも任意のデバイスでWebブラウザを通じてアクセスできる設計のスナップショットや進行中の作業を共有することで、常に、最新の進捗状況を知らせます。

製造業者との共同作業の使用事例

信頼できる製造データ、およびアセンブリデータをリリースし、製造業者が製造出力データをブラウザに直接、表示し、それについてコメントを入力できるようにします。

MCAD共同作業の使用事例

SOLIDWORKS、Creo、Inventorとの統合によるファイルレスの双方向の共同作業により、機械設計者と常に、同期します。

ソフトウェア共同作業の使用事例

ハードウェアを効率的にデバッグするには、設計にアクセスする必要があります。組み込みソフトウェアの技術者は、回路図、レイアウト、3Dの検索、選択、クロスプローブをブラウザからできるようになりました。

リモート作業の使用事例

リモート作業はもはや例外ではなく、標準です。自宅にいても、オフィスにいても、空港にいても、世界中のどこにいても、リモート作業がこれほど簡単だったことはありません。

匿名共有の使用事例

単純なリンクを使って、設計のスナップショットを世界中の誰とでも匿名で共有できるので、究極の自由を体験できます。必要なのはブラウザへのアクセスだけです。登録は不要です。

内蔵Viewerの使用事例

ブログにご自身のデザインを載せたいですか? 自分のサイトにほんの数行のコードでデザインを埋め込むことで、他にはない、実際に操作しているように感じられるインタラクティブな設計体験をユーザーに提供できます。

Find Drop-In Alternative Parts with IHS

Never let a shortage stop you from manufacturing your product. Altium 365 Pro subscription gives you rapid access to alternative parts from the world's most accurate component intelligence data source, IHS.

PCB設計と実現のための最もつながる体験

任意の角度による配線

密集したプリント基板上の障害物を巧みに避けながらBGAの奥まで配線することで、追加の信号層が必要ありません。インテリジェントな障害物回避アルゴリズムを使用すると、正接円弧を使用して障害物を回避でき、基板面積を最も効率的に使用できます。

スライド

特に個々のアークと蛇行のチューニングを編集する必要がある場合、シグナルインテグリティを改善するためのトレースの編集には時間がかかる場合があります。そのため、Altium Designer 20は、このプロセスを高速化するために新しいglossエンジンと高度なpush and shove機能を組み込み、ユーザーは生産性を向上させることができます。

インタラクティブなPropertiesパネル

最新のpropertiesパネルでは、オブジェクトや機能の設計をわかりやすくしました。関連プロパティ、サプライヤー情報、ライフサイクル情報に至るまで、すべてリアルタイムで表示されます。

回路図のレンダリング

Altium DesignerのDirectXにより、スムーズ、かつ迅速に回路図を扱うことができます。この新技術によりズームがスムーズになり、パンによってコピーアンドペースト機能が劇的に高速化しました。

回路図のダイナミックデータモデル

大きな回路図を不用意に再コンパイルすると、かなり時間を取られることがあります。そのためAltium Designerでは、新たにダイナミックデータモデルを採用しています。これにより、増分のコンパイルがバックグラウンドで継続的に実行されるため、設計全体をコンパイルする必要がなくなりました。

時間ベースで配線長を一致

高速デジタル回路は、信号とデータが時間通りに到着することに依存しています。トレースのチューニングが不適切である場合、伝送時間が変動し、データエラーが大量に発生する可能性があります。Altium Designer 20では、トレース上の伝播時間を計算し、高速デジタル信号の伝送時間を同期できます。

沿面距離のルール

対象信号間で非導電性表面と基板端の沿面距離が、指定した沿面距離と同じ、またはそれ以下である場合、この新しいデザインルールにより違反のフラグが表示されます。

リターンパスのチェック

適切なリターンパスが提供されていないと、高速信号によってクロストーク、データエラーが発生したり、放射される可能性のある電磁場が生成される可能性があります。適切なリターンパスにより、非常に低いインピーダンスを介してノイズ電流がGNDに戻り、問題が解消されます。Altium Designer 20でリターンパスを監視し、すべてのリファレンス ポリゴンのリターンパスの整合性をチェックするため、ユーザーが手動で行う必要はありません。

業界で最良のPCB設計ツールを
今すぐご体験ください