設計者は日々、ますます多くの部品データモデルを生み出しています。設計者とは、何度も再利用される価値ある資源を創造する、まさに生産性そのものです。地道な仕事かもしれませんが、設計者の仕事は会社の成功に多大な影響をもたらします。このことに疑いの余地はありません。

コンポーネントライブラリの作成と管理

一般に知られているよりも多くの会社が標準部品(コンポーネント)の作成に取り組み始めています。こうしたコンポーネントには膨大なパラメーターからなるデータが含まれます。そのデータの調査や収集については、自身で行う必要があります。多くの場合、その収集源は1つだけではありません。コンポーネントのモデルを実際に作成する場合、会社の基準を取り入れながら業界の指針に従うことが最も重要です。時には元に戻って変更する必要もあります。それはよくあることです。そのようなプロセスを管理するにはどうすればよいでしょうか。少なくとも出発点としてサードパーティーが作成したライブラリを使うという、より簡単な手段を取ることもできます。

ライブラリ構築のサポート
社内のコンポーネントライブラリを簡単に作成


ライブラリの配布

ライブラリの作成は道のりの半分にすぎません。技術者や設計者にライブラリを手渡すにはどのようにすればよいでしょうか。チームにライブラリを手渡した後でも、ライフサイクルを管理し、場合によってはライブラリから一部のアイテムを削除できるような制御を維持するにはどのようにすればよいでしょうか。異なるチーム向けの異なるライブラリを管理するにはどのようにすればよいでしょうか。価格や在庫状況などの便利な情報をデータモデルに追加するにはどのようにすればよいでしょうか。社内の技術者がその場で独自のコンポーネントを作成してしまうことなく、簡単に使える方法で情報を追加するにはどのようにすればよいでしょうか。

集中型のライブラリ管理
設計中でも技術者がライブラリを作成可能


そのままの状態で追跡

リリースした後も、コンポーネントライブラリに対して責任があります。部品メーカーのライフサイクルや在庫状況に関する情報を監視および収集し、もはや入手できないコンポーネントを使って設計するという厄介な状況に陥ることがないようにする必要があります。コンポーネントのライフサイクルが終了した際、そのコンポーネントの使用状況を把握できる必要があります。

そのままの状態で制御
ライブラリのコンポーネントをタグ付け、追跡、削除

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス