設計のプロセスではたくさんのデータが生成されます。こうしたデータは、設計が終了してもずっと存続します。文字通り、データは製品の青写真として機能するため、データを安全かつ長期的に保存することは極めて重要です。とはいえ、ただネットワークドライブにデータを追加してバックアップを実行するだけでは、機会が無駄になってしまいます。では、設計の履歴を確認できるようにして、今後に役立てるにはどうすればよいでしょうか?

設計データの保存

設計プロジェクトではたくさんのデータが作成されます。すでに多くの仕事を抱えている設計者には、すべてのデータを簡単に保存できる手段が必要です。これを最も簡単に実現する方法は、データをネットワークドライブに追加することですが、それだけではビジネス環境にふさわしい体制とは言えず、信頼性も十分ではありません。ここでは設計者に負担を与えないよう、系統的かつ制御された方法でデータを保存する必要があります。

すべての設計データのための安全で一元化されたレポジトリ
1か所の管理された場所で、すべての設計データをシームレスに保存する


設計データの改善

データは生き物です。常に変更され、絶えず進化します。ここでは、何がどのように変更されたのかを理解しておく必要があります。つまり、誰が何のために変更を加えたのかを把握しておかなくてはなりません。設計期間中は、設計全体だけでなく個々の設計が数多くの承認を受けながら、開発段階を進捗していきます。部品がその後の製造で利用できなくなったとしても、設計はリリース後も無効になることはありません。設計データをその時点の形式で保存するだけでは、プロジェクトの全期間を通じてを活用するために必要なレベルの詳細を確保できません。

設計に関する情報を使って設計データを強化
設計プロジェクトに対するデータの意味を理解する


設計データの活用

データを活用することは極めて有益です。正しく機能することがわかっている検証済みの電気回路を再利用すれば、作業をすばやく完了できるでしょう。これは部品のモデルにも当てはまります。部品のライブラリを構築して共有すれば、完了した作業の内容を何度も繰り返して利用できます。この理論が変わることは絶対にありません。作業をスムーズに進めようとしている設計者の仕事を増やすことなく、設計を再利用するにはどうすればよいでしょう?

設計の再利用
エラーの可能性を削減しながら、設計にかかる時間とコストを節約する

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス