MCAD CoDesigner

電気技術者と機構技術者のシームレスな共同作業を可能にすることで、
電子機器製品の設計に関する課題に対処できます。

対応しているMCADツール
SOLIDWORKS
PTC Creo
Autodesk
Inventor
Autodesk
Fusion 360

CoDesignerは、Altium DesignerまたはAltium NEXUSに内蔵されているパネルと、MCADアプリケーションに内蔵されているプラグインを介して、電気的、および機構的データを直接、操作できます。手作業でのファイルの変換やファイル間のやりとりは不要です!

ストレスのない共同作業

高速で扱いやすい

CoDesignerは、設計内容の変更のみを解析して適用することで、結果をすばやく出力します。適用する変更を選択することにより、常に設計者によるコントロールが可能です。

コンテキストに応じた設計

CoDesignerにより、設計者は、元のMCADデータを使ってデバイス実装のコンテキストで作業し、適切な機構的参照を維持できます。

エンジニアリングの重視

リビジョンおよびデータ形式の処理は、CoDesignerで対応しており、真に重要な作業、つまり設計に集中できます。

主な機能

基板の設定

MCAD (筐体に従って) で最初の基板形状 (穴、切り欠き、禁止領域を含む) を設定し、ECADへ転送。

メカトロニクス

メカトロニクスコンポーネント(コネクタ、ディスプレイ、LEDなど)をMCADで配置し、対応するコンポーネント全体のフットプリントをECADで自動的に配置します。

データ管理

MCAD側のデータ管理システムから、すべてのコンポーネントを自動的に配置します。

銅箔の転送

銅箔を、ECADからMCADに反映、または押し出し外形として(シミュレーションなどの目的で)転送します。

シルクスクリーンの転送

シルクスクリーンを、ECADからMCADに転送します。

双方向

基板形状、およびコンポーネントの配置に関する変更内容を、相互に転送します。受け取った技術者は、変更を容認、または拒否できます。

可能な組み合わせ

* Altium Concord ProのオンプレミスでSOLIDWORKSと統合するには、
Dassault Systèmesのライセンスが追加で必要です。

ECAD、およびMCADソフトウェアに関するその他の対応している組み合わせについては、無料で利用できます。

共同作業の開始

ステップ1

Altium DesignerでMCAD CoDesignerパネルを開くか、Altium NEXUSクライアントでCollaborationパネルを開きます。

ステップ2

MCADプラグインをインストールします。

他にどのようなMCADツールに対応してほしいですか?

リクエストを送信いただきありがとうございました!

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス