現代社会に向けて製品を作るということは、PCBテクノロジーと設計技術の限界を押し広げることを意味します。これは容易なことではありません。それでは、効率的な方法で、DDR4、PCI Express、40GB Ethernet、SerDesなどの高速インターフェイスに適した設計を行うにはどうすればよいでしょうか? また、BERを予測可能にし、EMIやクロストークを減らすにはどうすればよいでしょうか?

高速アプリケーション向けの複雑なPCB設計

PCBのレイアウトおよび配線に目を向けると、高速アプリケーションへの対応によって別の問題が生じます。もはや、可能な限り短い時間で最も効率的に設計したり、単に機械的なハウジング要件を満たしているだけでは不十分です。すべてのプロセッサー、メモリーモジュール、コネクターの位置を考慮し、それらの相互接続の設計を慎重に決定する必要があります。高速処理に対応した優れた設計を実践する場合、事前にそれらの仕様を知っていることが前提ですが、確実に合理的かつ効率的な方法でPCBを設計するにはどうすればよいでしょうか?

高度な高速処理に対応したPCB設計ツール
高速処理に必要な設計仕様を満たした基板の配線


設計プロセスのあらゆるフェーズに使用される高速対応の制約

設計者や技術者は、高速処理に対応する優れた設計が最初から綿密かつ適切に計画されていることを知っています。 そうしなければ、あとから多数の問題が生じる可能性があります。首尾よく設計を進めるには、データシート、メモリー仕様、および最適な設計に必要なその他の情報源に基づいて設計の制約を設定し、管理するためのツールが必要です。スプレッドシートを使うより有効な方法で設計制約を明確に設定するにはどうすればよいでしょうか?

設計の最初から制約管理
早い段階で高速処理に対応するための制約を設定し、設計プロセス全体で使用 


仕様に適合し、安定して動作するための設計分析

デバイスを仕様に確実に適合させるためにどれだけ多くの準備をしたかは問題ではありません。設計結果が正しく機能しない場合は、図面の作成に戻る必要があります。設計中にBER、クロストーク、ターミネーション、SSNおよびEMIをチェックするツールがあれば、発生の可能性がある再設計を回避し、物理的なプロトタイプの関連費用も抑えられます。適切なデバイス動作を確実にするにはどうすればよいでしょうか?

シグナルインテグリティ解析と高速シミュレーションツール
設計の完全モデルを作成して期待どおりの動作を確認

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス