電子デバイスに、守るべき機械的な筐体要件がありますか? あるいは、フレキシブルまたはウェアラブル電子機器で技術の限界に挑戦していらっしゃるでしょうか? 革新的な製品設計は動く目標です。電子的な部分が適切に機能するための新しい方法を常に考え出す必要があります。リジッドフレキシブル技術は、ますます一般的になっているこの設計のハードルに対してさまざまなソリューションを提供しています。

PCBスタックアップの細部の理解

基板の層数が正しいこと、適切な厚みおよび材料で組み立てられていること、向きが正しいことを確認することは、場合によってはそれ自体1つの仕事になります。各層に固有の制約を持った多層スタックを作成する複雑さは言うまでもありません。フレキシブル基板のリージョンのスタックアップは、カバーレイ、補強板、表面コーティング、コア材料などについて独自の要件があります。これらすべてを体系立てて管理することは、困難な作業になる可能性があります。

高度なレイヤースタック管理と基板プランニング
リジッドフレキシブル基板に適したスタックアップの作成

  • 総合的なレイヤースタックマネージャーにより、プランニング段階でスタックアップの詳細を体系化し、作成を簡素化 
    レイヤースタック管理について詳しくはこちら
  • 基板プランニング用ツールを使用することで、屈曲ラインの配置や半径などの詳細を含め、複数のスタックアップリージョンをレイアウトし、体系化 
    基板プランニングモードについて詳しくはこちら
  • Altium Designerを、高速対応設計のためのレイヤースタックを作成および管理するサードパーティの拡張機能に接続 
    ICD Stackup Plannerについて詳しくはこちら

試作前にリジッドフレキシブル回路の設計を可視化

リジッドフレキシブルを設計する際、試作に費用をかけずに、基板を機械的筐体に収まるように曲げるのは、手のかかる作業です。   デバイスの異なるセクションのコンポーネントボディの相互作用は予想と異なるかもしれません。フレキシブルセクションの寸法は希望したように曲げられるようには設計されていないかもしれません。実際に自分の手で折りたためない状況で、そのような動的で物理的なオブジェクトを設計するには、どうしたらよいでしょうか?

ネイティブ3D PCB編集とリアルタイムのクリアランスチェック
物理的操作の放棄


役に立つリジッドフレキシブル回路のドキュメント作成

フレキシブル電子回路の設計時、試作は欠かせません。しかし、製造業者に設計意図を正確に伝えることができなければ、あまり意味がありません。リジッドフレキシブル回路の設計に関して言えば、通常、標準的なドキュメントで設計意図を伝えるのでは不十分です。製造業者に直接指定するために必要な、固有の要素があります。製造業者がフレキシブル設計のガイドラインと仕様に確実に従ってくれる最善の方法は何でしょうか? 基板の曲げや折りたたみを正確に示すにはどうしたらよいでしょうか?

包括的な3D出力およびドキュメンテーション
製造に進む際、リジッドフレキシブル設計の詳細を保持

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス