電子回路の設計はひとりで行うわけではありません。首尾よく製品を市場に送り込むには、多くの設計者、技術者、サプライチェーン、および製造業者がかかわる、いくつものチームが必要です。厳しい予算と期限を厳守するつもりであれば、可能な限り効率的に進めることが不可欠です。それでは、ほかのメンバーの領域を侵害せずに、どのようにして設計したらよいでしょうか? すべての設計者がプロジェクトに専念して進めてきた後で、最終的なデータソースが1つのみであることをどのようにして確認しますか?

同じ設計で非効率的なチームワーク

大規模プロジェクトは、数百人の関係者が協力して進めるのが一般的です。各メンバーの作業を正確に理解することは大きな課題です。すべての設計作業の可視化は、電子メール、メモ、およびその他の不要な相互コミュニケーションの複雑なシステムを必要とすることなく、効率的なワークフローを確保するのに役立ちます。精巧な部品が、生産的な設計と革新を犠牲にすることなく、チームワークとコラボレーションを可能にするシステムを統合しています。

PCBのコラボレーション
お互いの領域に踏み込む心配を解消


競合する設計データの複数ソース

同じプロジェクトに取り組んでいる設計者が複数名いるということは、コミュニケーションに問題があった場合、最終的に同じ設計データで複数のバージョンができあがる可能性があることを意味します。この状況を解決することは、たいていの場合、最初からやり直すよりも面倒な作業になります。スケジュールの遅れや予算オーバーの可能性もあります。冗長な作業が不要になるよう、すべてが管理され、承認されていることを確認できる方法は何でしょうか?

より優れた設計データ管理
設計データのソースを1つに限定することでデータインテグリティを維持


異なる設計領域を越えたコミュニケーション

PCB設計は、電子製品のライフサイクル全体のほんの一要素です。基板設計者、技術者、CADライブラリ管理者、機械設計者、サプライチェーンの専門家、製造専門家、および他の多くの人々が設計にかかわる仕事をしています。これらの関係者の作業をすべて単一ワークフローに統合することは、設計中の非効率性の主要原因になる可能性があります。

完璧な電気回路設計ワークフロー
電子回路設計の各部分をシームレスに単一ワークフローに結合

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス