Altium NEXUS Documentation

Design Rules Available for PCB Layout in Altium NEXUS

Created: October 18, 2018 | Updated: October 18, 2018
Now reading version 2.0. For the latest, read: for version 4

Altium NEXUSのPCBエディターでは、デザインルールの概念を使用して設計の要件を定義できます。これらのルールは、PCBエディターに対する「命令セット」を構成します。配線の幅、クリアランス、プレーン接続形状、配線ビア形状など、あらゆるデザインの側面が網羅されており、その多くはオンラインのデザインルールチェッカー(DRC)でリアルタイム監視できます。

デザインルールでは特定のオブジェクトが対象となり、ルールが階層的に適用されます。同じタイプのルールを複数定義できるので、1つのオブジェクトが、同じスコープを持つ複数のルールの対象になる可能性があります。この場合に発生するのがルールの競合です。全てのルールの競合は、優先順位の設定によって解決されます。システムは優先順位の高いルールから順番に評価し、最初にスコープがチェック対象のオブジェクトと一致するルールを適用します。

デザインルールを明確に定義すると、たいていは厳密で多様な設計要件を含む基板設計を正しく完了できます。PCBエディターはルールベースであるため、設計の最初の時点で時間をかけてルールを設定しておくと、ルールシステムが適切にガイドしてくれるので、設計者は安心して設計作業を効率的に進めることができます。

Altium NEXUSのルールシステムに関する詳細情報については、設計を制約するためのデザインルールをご覧ください。定義されたルールが順守されているかどうか検証する際に参照できるシステムの概要については、デザインルールチェックをご覧ください。

デザインルールは、下記のカテゴリーで構成されます。

 

 

Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

We're sorry to hear the article wasn't helpful to you.
Could you take a moment to tell us why?
200 characters remaining
You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document: