毎日、数億人の人々が、仕事、レジャーのために安全性を信頼して、車で数億マイルを移動しています。どのような技術的進歩も、設計段階でコントロールおよび管理する必要があります。このような複雑なシステムが、温度限界、ほこり、薬品、湿気などに耐久できるよう、最も厳しい設計課題の中でClass 3 PCB実装設計を考慮することは当然です。

技術革新と信頼性の両立

成熟していながら最先端。それは車載分野におけるゲームの名前です。成熟した制御システムと、次世代の驚異的な車または機械を作るために限界に挑戦する設計手法の間のバランスを取るというゲームです。一方では、設計者は、実証済みの設計データを設計者が簡単に管理および再使用でできるツールを必要とします。もう一方では、設計者は、テストおよび認証プロセスで失敗することなく新規機能と機能強化を簡単に追加できるツールを必要とします。

再利用に配慮した設計

時間とコストを節約できる弊社の設計およびデータ管理ツールは、電子設計の構成要素(例: 回路図の記号、PCBフットプリント、文書のテンプレート、サブ回路全体)を取り込み管理するためのシステムを提供します。


製造時間とコストの最小化

自動車の電子組み立て部品は信頼性が高く、かつ効率よく導入する必要があります。自動車の複雑なシャーシの配置にうまく組み込めるフォームファクターを得ることが製品の成否を決めることがあります。アセンブリラインに工程を追加するたびに、また追加基板の所定の位置への取り付け、固定、ボルト留め、押し込みとそのハーネス接続が必要になるたびに、費用がかかります。アセンブリ効率を保証するために機械設計チームと連携できるツールが必要です。部品の配置と基板形状の最適化を前もって行えるツールが必要です。

組み立て設計

弊社の独自の3D PCB設計技術は、他の追随を許さない、実装性を考慮した設計(DFA: design for assembly)を可能にします。


車載規格に対応する設計

文書、履歴の書面での保存、要件の充足 - 車載電子設計ではこれらの全てが重要です。法規制を順守するための規格を満足することを確認し、走行中に運転者が車内で自信を持っていられるようにする責任は、電子およびPCB設計者に重くのしかかっています。自動車または補修部品市場の製品の認証を取得することは簡単な仕事ではなく、多くの文書化、監査記録、試験を必要とします。高価な自動車製品は丈夫で長持ちする必要があるため、同様に高品質なサービス文書も作成する必要があります。

文書管理とサービスデータ生成

バージョンコントロールでプロジェクトを管理することで、各ECOやデザインの更新を介してデータを追跡できます。設計リリース、ライフサイクル管理と同様、ASME (アメリカ機械学会) Y14.35Mに対応した文書リビジョンは業界の成功事例をメンテナンスするのに役立ちます。回路図、PCBドキュメント、製造データ出力およびレポートのテンプレートを使えば、履歴文書の不明確さを気にする必要は一切ありません。


贅沢で優雅なドライブ設計

自動車の購入が感情に支配されていることは周知の事実です。これは、安全性と信頼性のための規格を超越して、自動車は美しく優雅であるように設計されることを意味します。こうした主目的から、車体とシャーシエレクトロニクスは調和し機能する必要があります。また、消費者は従来に比べ経済性と駐車スペースを気にするようになっているため、乗車を快適にする全てのエレクトロニクスを保持しつつ搭乗者空間を確保することはますます難しくなっています。最適な空間と音響特性を維持しながら、エレクトロニクスの形状を車体の曲線に合わせることは困難な課題です。

自動車を補完するエレクトロニクスの作成

PCBのアセンブリをシャーシの曲線に合わせることは以前より簡単になっています。リジッドフレキシブルおよびフレキシブルPCB設計の完全なサポートに加え、曲げ、折りたたみ、および筐体の3Dモデリングによって、最新のLED技術を使ったダッシュボード内および車体照明を短時間で設計できるため、設計チームは新たなオプションの検討に多くの時間を使うことができます。


信頼できる組み込み制御

今日の運転者が要求する燃料効率および性能レベルを得る唯一の方法は、自動車全体にわたるドライブバイワイヤーシステムを開発および採用することです。最近の自動車は、例えば精密な燃料マッピング、加速度、表示、診断、快適設備、車体通信などの機能を可能にする60以上もの組み込みプロセッサーを搭載しています。CAN、J1850、ISO 9141で相互接続された車体エレクトロニクスによる重量の低減は効率向上を可能にし、組み込みシステムの数を増やします。後席には子供を搭乗させるため、弊社はコードの品質とハードウェア設計に気を使っています。また、ますます多くのハイブリッド車と完全な電気自動車が発売されてきており、組み込みシステムの役割はますます重要になっています。

安全で信頼性が高い組み込みシステムの開発

安全で信頼性が高い組み込みシステムの開発のために、全体設計を遅らせる必要はありません。組み込み車載システムが先に動作するようにします。そうすれば、認証と規制基準への適合はもはや妨げになりません。

  • MISRA Cコード規則検査機能を使って、車載および高信頼性システム向けには安全と言えないコード構造とデータタイプを検出します。
  • CERT Cコード規則検査機能を使うと、本質的により信頼性の高いコードが開発できると同時にセキュリティーの最上位規格に従うコードが開発でき、ロック、照明、エンジン管理、燃料システムなどの組み込み制御が事実上解読できないようになります。
    CERT Cコード規則検査機能について詳しくはこちら
  • 弊社は、ISO 26262認証プログラムを使うことで、認証済みツールを使った車載グレード組み込みコードの効率的な市場投入を支援できます。
    ISO 26262認証について詳しくはこちら
  • 弊社のSoftware Platform Builder技術を使うことで、下位レベルのハードウェア抽象層またはドライバーのリワークに時間を浪費せず、インテリジェントな次世代車載エレクトロニクスを素早く構築できます
    Software Platform Builderについて詳しくはこちら
各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス