無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • データの管理
  • Altium Vault

    設計データ管理の総合ソリューション

  • Ciiva

    実現可能な設計を行うためのインテリジェントな部品データベース

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • Altium Designer 18

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE 2018

    The Largest PCB Electronics Summit in the World

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    

    電気通信技術の専門家であれば、100GbEやPCI Expressなどの高速インターフェイスからマイクロ波およびRF設計まで常に限界に挑戦し続けていることでしょう。どのようなツールが仕事の役に立つでしょうか。新製品を期限通りに市場に投入する一方で、通信技術の最新動向を把握するにはどのようにすればよいでしょうか。

    複雑かつ高速なシステムの設計課題の克服

    高速通信機器は、最も設計が難しい物の1つです。携帯機器を開発している場合、ますます小さくなるサイズに合わせて基板を縮小することで設計はさらに複雑になります。全ての高速プロトコル(例: 100GbE、PCI Express、VPX、SONET、SDH)は速度、BER、シグナルインテグリティーに対する詳細な計画と設計後の分析を必要とします。通信機器で一般に必要とされる冗長性を提供しながら、これら全ての特性を管理するにはどのようにすればよいでしょうか。

    最新技術への対応に役立つツール
    最先端の通信技術に対応


    信号、レイアウト、電力、熱管理の計画

    設計後の分析は、設計プロセス開始前の計画段階と同じくらい重要です。通信機器は製作費用が高いため、設計後の分析によって1回でも試作回数を節約することは製品の予算とライフサイクルにとって大きな利益になることがあります。これは単なる目視チェックではありません。これにより、試作に進む前に基板の機械的形状および適合度、信号の接続形態、電源の分配、熱制御を分析できます。解析で使えるツールを以下に示します。

    ネイティブ3D PCB編集とMCAD統合による分析
    全ての段階で設計を分析


    新製品を期限通りに市場投入

    通信分野で最新かつ最高の機器を開発しても、期限通りに市場投入できなければ大きな意味はありません。市場投入するまでに、どのみち時代遅れの高速インターフェイスおよびプロトコルを使っているということはありがちです。通信技術の限界に挑戦している場合、その波に乗って、取り残されないようにすることがきわめて重要です。設計実践が合理化されており効率的であることを、どのようにすれば確認できるのでしょうか。

    全体検証と高い生産性のためのツール
    設計を確実に正しく機能させ、期限通りに市場投入

    We are happy to assist you!
    contact us how to buy support
    Сall Sales - United States
    +1 800-544-4186

    Not your Region?