電気通信技術の専門家であれば、100GbEやPCI Expressなどの高速インターフェイスからマイクロ波およびRF設計まで常に限界に挑戦し続けていることでしょう。どのようなツールが仕事の役に立つでしょうか。新製品を期限通りに市場に投入する一方で、通信技術の最新動向を把握するにはどのようにすればよいでしょうか。

複雑かつ高速なシステムの設計課題の克服

高速通信機器は、最も設計が難しい物の1つです。携帯機器を開発している場合、ますます小さくなるサイズに合わせて基板を縮小することで設計はさらに複雑になります。全ての高速プロトコル(例: 100GbE、PCI Express、VPX、SONET、SDH)は速度、BER、シグナルインテグリティーに対する詳細な計画と設計後の分析を必要とします。通信機器で一般に必要とされる冗長性を提供しながら、これら全ての特性を管理するにはどのようにすればよいでしょうか。

最新技術への対応に役立つツール
最先端の通信技術に対応


信号、レイアウト、電力、熱管理の計画

設計後の分析は、設計プロセス開始前の計画段階と同じくらい重要です。通信機器は製作費用が高いため、設計後の分析によって1回でも試作回数を節約することは製品の予算とライフサイクルにとって大きな利益になることがあります。これは単なる目視チェックではありません。これにより、試作に進む前に基板の機械的形状および適合度、信号の接続形態、電源の分配、熱制御を分析できます。解析で使えるツールを以下に示します。

ネイティブ3D PCB編集とMCAD統合による分析
全ての段階で設計を分析


新製品を期限通りに市場投入

通信分野で最新かつ最高の機器を開発しても、期限通りに市場投入できなければ大きな意味はありません。市場投入するまでに、どのみち時代遅れの高速インターフェイスおよびプロトコルを使っているということはありがちです。通信技術の限界に挑戦している場合、その波に乗って、取り残されないようにすることがきわめて重要です。設計実践が合理化されており効率的であることを、どのようにすれば確認できるのでしょうか。

全体検証と高い生産性のためのツール
設計を確実に正しく機能させ、期限通りに市場投入

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス