Altium NEXUS Documentation

WorkspaceManager_Err-NetsWithNoDrivingSourceNets with no Driving Source_AD

Created: December 10, 2019 | Updated: December 10, 2019
All Contents

親カテゴリ: Violations Associated with Nets

デフォルトのレポートモード:

概要

この違反は、デザインでネットにdrivingソースがないと検出されたときに起こります。つまり、ネットに、以下の電気的タイプのピンが含まれていない場合です:

  • IO
  • Output
  • Open Collector
  • HiZ
  • Emitter
  • Power

ネットに、上記のタイプのピンを1つも含まないケースは珍しくはなく、以下の例が考えられます:

  • ネットが、コネクタピンから入力ピンに接続されている。
  • ネットが、一連のpassive部品 (passiveピンが含まれている) から入力ピンに接続されている。

通知

回路図でコンパイラerrorとwarningを表示するように設定している場合 (PreferencesダイアログSchematic - Compilerページで有効化)、問題のオブジェクトの下に色付きの波線が表示されます。オブジェクトにマウスを合わせると、違反を要約したヒントがポップアップ表示されます。Messagesパネルには、以下の形式の通知も表示されます:

Net <NetName> has no driving source (<PinList>)

上記は、以下を示します:

  • NetNameは、問題のネットの名前です。
  • PinListは、ネット内にあるピンのリストで、カンマで分けられています。

推奨する解決策

この違反を解決する方法はたくさんあり、以下のものが含まれます:

  1. コネクタ/passiveコンポーネント ピンを編集し、上記リストの電気的タイプのいずれかにします。
  2. Options for Projectダイアログ (Project » Project Options) のError Reportingタブで、Nets with No Driving Source違反チェックを無効にします。
  3. No ERCマーカーをネット上に配置します。配置するマーカーは、汎用から特定のものへ変更することをお薦めします (現在の状況を許可しますが、可能性のある他のすべての違反については、ネットが引き続きチェックできるように構成されます)。これは、現在、選択しているNo ERCオブジェクトのプロパティを表示しているとき、PropertiesパネルSuppressed Violationsの項目で実行できます。

ヒント

  • Object Hintsは、PreferencesダイアログのSystem - Design InsightページでEnable Connectivity Insightオプションが有効な場合のみ表示されます。Connectivity Insight Options領域内のObject Hintsに関連するコントロールを利用して、そのようなヒントの起動方式を決めることができます (マウスを合わせる、またはAlt+ダブルクリック)。

 

Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

We're sorry to hear the article wasn't helpful to you.
Could you take a moment to tell us why?
200 characters remaining
You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document: