コストに対する収益、つまり製品の利益性は大きな懸念事項です。収益を増やす、またはコストを削減しない限り、どんなコストも正当化されません。その結果、イノベーションを図ることを怠っていると考えられたリ、非難されたりすることがあるかもしれません。イノベーションを促進し、コストを節約しながら利益性を高める方法とはどのようなものでしょう? どうすれば保守的にリスクを回避しつつ、業界の最先端を行けるでしょうか?

本当の「最高」とは?

「最高」の定義は曖昧です。成功を収めた確かな実績があるツールが必要な一方で、競争力を手に入れるためには、最新の技術や手法も活用しなければなりません。では、一見して矛盾しているこうした要求のバランスをとって、「最高」のものを活用するにはどうすればよいでしょうか?

最新技術を提供する確立された組織
古い歴史と新しいアイデア


製品コストの削減

コストを抑制して管理することは、会社を有名にする製品の成功か、財務上の破綻かという大きな違いをもたらします。製造数が数百、数千、数十万になると、1円にも満たないコストも無視することはできません。これまでは市場が出費をいとわない製品の構想を立て、そこから逆算して研究開発と製造の予算が決定されてきました。さて、チームは事務作業や設計以外の問題に邪魔されることなく、どのように部品にかかるコストを抑制できるでしょうか?

コストと部品の管理
承認済みの部品のみを使用して予算を厳守する


チームの作業効率の確保

ウィジェットの製造と販売には競合がつきものです。ここでは、異なる方法で同じ目標が達成される可能性があるものの、競合よりもうまくこれを実現しなければなりません。そこで求められるのは、ウィジェットを作るための役割をただ果たすだけでなく、目に見える効果をもたらすツールです。その効果のひとつは生産性を上げることでしょう。従業員は効率的に連携してリソースを共有し、スケールメリット(規模の経済性)を活用しなければなりません。これを実現するためには適切なツールが不可欠です。

効率性と生産性の向上
チームで連携してリソースを共有する

各種お問合せ先
お問合せ 購入方法 サポート
アルティウムジャパン
03-6435-9682

各国のオフィス