Altium Designer Documentation

Document Options (CmpLib)

Modified by Susan Riege on May 1, 2019


The Document Options dialog

Summary

The Document Options dialog provides controls to set document options for the active component document.

Access

From the Batch Component Editor, right-click in the bottom table then select Document Options from the context menu.

Options/Controls

Document Options Tab


The Document Options tab of the Document Options dialog

  • Target Vault - select a target server for the document. Choose the desired server from the drop-down menu or click Vault Admin to add a new server.
  • Default Folder - type the folder location into the text box or:
    • Choose - click to open the file browser and select a folder location.
    • Show in Explorer - click to open the Explorer panel and select a target folder.
  • Lifecycle Definition - Select a lifecycle definition from the drop-down. The server provides several lifecycle definitions, as well as the ability to define your own. You must choose a lifecycle definition when you create a new item.
The lifecycle definition applied is chosen at the individual Item level when creating an Item. Different Items can, therefore, have different lifecycle definitions.
Once a defined lifecycle definition is in use by an item in the server, that definition can no longer be edited (with the exception of the Definition Name, which can be renamed), nor can it be deleted. Conversely, once an Item is created and an initial release into a planned revision of that Item is made, that Item cannot have its lifecycle definition changed.

The default lifecycle definitions are as follows:

  • Basic Lifecycle
  • Component Lifecycle
  • Data-Class Lifecycle
  • Device-Class Lifecycle
  • Extension Lifecycle
  • Simple Lifecycle
  • Simple Lifecycle With Approvals
  • Software Lifecycle
  • Structured Lifecycle
  • Structured Lifecycle With Approvals
Lifecycle definitions featuring dedicated approval states and transitions effectively enable the appropriate authority to have the final decision on whether or not an Item Revision can move, for example, from Design to Prototype or from Prototype to Production.
The default definitions can be used 'as is' or modified to suit company (or personal) requirements. New, custom definitions can also be added and configured, as required.
  • Revision Naming - this field determines the scheme employed when assigning Revision IDs. Use the drop-down to choose from the schemes currently defined for the server. Schemes are defined in the Edit Revision Naming Schemes dialog. The chosen Revision Naming Scheme cannot be changed after the Item is released. You must choose a naming scheme when you create a new item.
  • Component Naming - if required, enter a component naming scheme. The default is CMP-{00000}.

Template Tab


The Template tab of the Document Options dialog

  • Item Revision - displays the template item revision. Click Choose to open the currently connected server and search for target template item.
    • Choose - click to open the Choose Item dialog (a version of the Explorer panel) and select the desired template item.
  • Source- displays the source in which the template item is located.
    • Show in Explorer - click to open the Explorer panel and select a template.
  • Revision Details - displays any supplied revision details.
  • Revision State - displays the current revision state of the document. If the revision is not current, click Update To Latest.
Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

We're sorry to hear the article wasn't helpful to you.
Could you take a moment to tell us why?
You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document:
Altium Designer 無償評価版
Altium Designer 無償評価版
Altium Designerを使用していますか?

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

評価版ライセンスが必要な理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、評価版ライセンスは不要です。

ボタンをクリックして、最新のAltium Designerインストーラをダウンロードしてください。

Altium Designerインストーラをダウンロードする

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

Altium Designerの新規ライセンスのお見積もりをご希望の場合、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerサブスクリプションをご利用中の場合、評価版ライセンスは不要です。

お客様がAltium Designerサブスクリプションの有効なメンバーではない場合、下記のフォームに入力して無償評価版をダウンロードしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Altium Designerを評価する理由を下記から選択してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

無償評価版を使用するには、下記のフォームに入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

Great News!

Valid students can get their very own 6-month Altium Designer Student License for FREE! Just fill out the form below to request your Student License today.

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。

素晴らしいですね。アルティウムではモノづくりに最適なプログラムを提供しています。

Upverterは、コミュニティ主導型の無償プラットフォームで、お客様のような作り手の要求に合わせて設計されています。

試してみる場合、こちらをクリック してください。

弊社の営業担当より詳細情報をご案内しますので、アルティウムジャパン までお問い合わせください。.
Copyright © 2019 Altium Limited

その場合、Altium Designerビューワーの無償ライセンス(有効期間6か月)をダウンロードできます。

下記のフォームに入力してライセンスをリクエストしてください。

プライバシーポリシーに同意の上、[ダウンロード]をクリックしてください。ご登録いただきましたメールアドレスにメールマガジンが送信されます。メール配信の停止は、メール内の​通知設定​​でお手続きいただけます。