Altium Designer Documentation

Status message

Altium Designer 15.1 には日本語訳があります。 日本語ページをご確認ください。

Altium Designer の新機能

Created: March 3, 2021 | Updated: October 8, 2021

Altium Designer 21 の改善

このページでは、Altium Designer 21 の初期バージョンに含まれる改善点と、その後の更新で追加した改善点について説明します。様々な改善を提供することに加えて、各更新には、AltiumLive コミュニティの BugCrunch システムを通じてお客様から寄せられたフィードバックに基づいて、ソフトウェア全体に多数の修正と拡張機能を導入し、設計者が最先端の電子技術を作成し続けるのに役立ちます。

現在のバージョンを使用し続けるか、現在のバージョンを更新、または現在のバージョンと一緒に Altium Designer 21 をインストールして最新の機能を利用するか選択できます。現在のバージョンは、ソフトウェア内の Extensions and Updates 画面 で更新できます。現在のバージョンと一緒にAltiumDesigner 21 をインストールする場合は、Altium Downloads ページ からインストーラーをダウンロードし、インストーラーの Installation Mode ページで New Installation を選択します。

無償評価版!

まだ、Altium Designer を所有されていない場合、Altium Designer を試してみてはいかがですか? 簡単なフォームを入力して、製品版と同等の機能で 15 日限定の Altium Designer の評価版をお試し頂けます。技術的な制限無く、Altium Designer を自由に評価できます。以下のリンクをクリックしてフォームを入力してください。そして、より多くの技術者や設計者が他の製品より Altium を選択する理由をご自身でお確かめください!

Altium Designer 無償評価版

Altium Designer 21.7

リリース日: 2021年9月29日 – バージョン 21.7.2  (build 23)

Beta Release Notes for Altium Designer Version 21.7

Altium Designer 21 の更新 7 へようこそ。Altium Designer のこの更新では、ソフトウェアの主要なテクノロジーの改善点があります。また、AltiumLive コミュニティの BugCrunch システムで、お客様が報告した問題点の改善にも取り組んでいます。


プラットフォーム

新しい PRINT ダイアログ

ダイアログの Print PreviewPrintout PropertiesPrinter Configuration は、印刷出力を設定するためのオプションを含む 1 つのダイアログに統合しました。新しいダイアログを使用すると、個別のダイアログにアクセスする必要が無く、印刷出力を 1 か所で設定できます。新しいダイアログを表示するには、回路図、PCB、PCB ライブラリ、または Draftsman ドキュメントから File » Print をクリックします。

  • General タブには、プリンタとページを設定するためのオプションがあります。
  • Pages タブには、表示オプション、レイヤ設定を管理するためのオプションが含まれており、新しい印刷出力を追加できます。
  • Advanced タブには、デジグネータの設定オプションと、フォントおよび色のオプションがあります。
  • 標準の Windows ショートカットの組み合わせを使用して、ダイアログのプレビュー領域でズーム (Ctrl+マウスホイール)、左/右パン (Shift+マウスホイール)、および上下パン (マウスホイール) を行えます。

回路図

新しいバージョンで回路図を開く時の警告

回路図を作成する時に使用した Altium Designer のバージョンと、回路図ドキュメントを開くために使用したバージョン間で、新しい機能が導入されたことをユーザに通知するために、'Schematic was done in newer version' と言う警告を表示する機能を導入しました。この機能は、PCB エディタでのバージョン警告と同じ方法で働きます。

最後のアクティブシートを素早く開く

この機能はオープンベータ版であり、Advanced Settings ダイアログで UI.SmartDocumentSwitching オプションが有効の時に利用できます。

回路図ドキュメント タブの文字をクリックすると、最後のアクティブな回路図シートが表示されます。これは、、多数の開いた回路図シートがタブのドロップダウンにある場合に非常に便利です。

クロスリファレンス オプション

クロスリファレンス 設定は、Preferences ダイアログの Schematic - General ページから Project Options ダイアログの Options タブへ移動し、対応されているオブジェクトを選択できるオプションを追加しました。

Sheet Style と Location Style ドロップダウンを使用して、クロスリファレンス オプションを設定できます。必要な対応されているオブジェクトを有効にします。

ポート間のクロスリファレンス

この機能は、Advanced Settings ダイアログの Schematic.EnhancedCrossReferences オプションを有効にして利用できます。この機能はオープンベータ版であり、デフォルト値は 0 です。

また、Schematic.UseAutomaticCrossReferences オプションを有効にする必要があります。

プロジェクトへクロスリファレンスを追加すると、プロジェクトの回路図シート間のネットの接続フローを容易に追跡できます。Schematic.UseAutomaticCrossReferences オプションによって最近、導入されたクロスリファレンスの自動作成と更新の対応に基づいて、この新しい高度なオプションは、階層プロジェクトでのクロスリファレンスに対応できます。

Project Options ダイアログで Automatic Cross References オプションを有効にしてから、右クリックメニューを使用して、階層内の任意の対象の場所へジャンプできます。

Use the Jump to command to jump to a matching Port anywhere in the design hierarchy.Jump to コマンドを使用して、デザイン階層内の一致するポートへジャンプできます。

この機能には、以下の 3 つのモードがあります (advanced オプションの Value で設定します)

  • 0 - Legacy モード - この値を使用して、次の関係を有効にできます:
    1. ポート <-> シートエントリ
    2. オフシート <-> オフシート
  • 1 - Enhanced モードこの値を使用して、次の関係を有効にできます:
    1. オフシート <-> オフシート
    2. ポート <-> ポート
  • 2 - Enhanced + Legacy モードこの値を使用して、次の関係を有効にできます:
    1. オフシート <-> オフシート
    2. ポート <-> ポート
    3. ポート <-> シートエントリ

      このモードでは、Port Actions >> Jump to Port も有効になります。

このバージョンでは、ポート間、およびポート、シートエントリ間のクロスリファレンスの両方が 'Jump to' の場所として含まれます。これは、将来的なバージョンで設定できます。

コンポーネント パラメータの 'Show More' 機能のユーザコントロールを追加

この機能は、Advanced Settings ダイアログの Schematic.UI.ShowMoreOrLessParameters オプションでコントロールします。この機能はオープンベータ版であり、デフォルト値はオンです。つまり、Properties パネルに Show More/Show Less コントロールが表示されます。このオプションを無効にすると、全てのパラメータを常に表示できます。

Show More 機能は、リストを減らして、お気に入りとして設定されているパラメータのみを表示することにより、コンポーネント パラメータの表示を簡素化できます。ただし、Component モードの Properties パネルでは、常に全てのパラメータを表示することをお薦めします。

The default behavior is to automatically hide parameters that are not marked as favorites. Hover the cursor over the image to demonstrate. デフォルトの動作では、お気に入りとしてマークされていないパラメータは自動で非表示になります。カーソルを画像の上に置くと、デモンストレーションが実行されます

この新しいオプションを無効にすると Show More/Show Less 機能が無効になり、全てのコンポーネント パラメータが、常に Component モードの Properties パネルで表示されます。

The Show More/Show Less feature is disabled when the advanced option is disabled.advanced オプションが無効になっている場合、Show More/Show Less 機能は無効になります。


PCB デザイン

ルームの Properties パネルモードを追加

ルームのプロパティは、Properties パネルで設定、編集できます。この新しいモードを使用して、ルームの名称、座標、外形の頂点を定義できます。

The new Room mode of the Properties panel新しい Room モードの Properties パネル

パッドに Use Paste オプションを追加

この機能はデフォルトで有効になっていますが、Advanced Settings ダイアログの PCB.PasteMask.NoPaste オプションを切り換えて無効にできます。この機能は、オープンベータ版です。

PasteMaskExpansion デザインルール、Pad モードの Properties パネル、パッドテンプレート エディタに Use Paste オプションを追加し、適切なマイナスの値を使用してペーストマスクを削除する必要が無くなりました。このチェックボックスをオフにすると、対称の/選択したパッドからペーストマスクを削除できます。


データ管理

内蔵のバージョン ストレージへの合理化されたアクセス

Altium Designer では、ローカルプロジェクト用に Altium 365 に内蔵されている Git ベースのバージョン ストレージの利点をより簡単に使用できます。この機能強化については、以下で説明します。

  • 以下の Add to Version Control ダイアログを繰り返し使用して、Altium 365 Workspace へ接続し (利用できる場合)、他のカスタム リポジトリが構成されていない場合、現在のプロジェクトをオンラインで利用できるようにすることができます。このダイアログを表示するには、Projects パネルでプロジェクト名を右クリックし、現在、workspace を使用していない時に History & Version Control » Add Project to Version Control を選択します。

  • Altium 365 Workspace 内の接続が可能な場合、Projects パネル内のローカルプロジェクトを右クリックして表示されるメニューにある Make Project Available Online コマンドを使用した後、Make Available Online ダイアログ内の Version Control オプションを有効にすることもできます。


回路シミュレーション

パラメータ スイープの強化

パラメータ スイープ中に 3 つ以上のパラメータをスイープする機能を追加しました。

出力変数のカテゴリを追加

Add Output Expression ダイアログに Waveforms Functions ドロップダウンを追加して、必要な項目を選択できます。

X、Y スケール設定の保存

プロットの X、Y スケール設定は、開いて保存した .sdf ドキュメントのシミュレーション プロセス中に保持されます。

DC、および過渡解析で対応した新しい変数

以下の変数を DC、および過渡解析で対応しました

  • コンデンサの出力電荷
  • 電流スイッチの出力コンダクタンス
  • 電圧スイッチの出力コンダクタンス
  • 独立した電流源モデルの出力電流
  • 機能電圧、および電流源の出力電力
  • コンデンサの出力電圧
  • 電圧スイッチの出力電圧
  • 独立した電圧源の出力電圧
  • 電流スイッチの出力電圧

Altium Designer 21.6

リリース日: 2021年8月20日 – バージョン 21.6.4 (build 81)
リリース日: 2021年7月22日 – バージョン 21.6.1 (build 37)

Altium Designer バージョン 21.6 のリリースノート


Altium Designer 21.5

リリース日: 2021年6月22日 – バージョン 21.5.1 (build 32)

Altium Designer バージョン 21.5 のリリースノート


Altium Designer 21.4

リリース日: 2021年5月25日 – バージョン 21.4.1 (build 30)

Altium Designer バージョン 21.4 のリリースノート


Altium Designer 21.3

リリース日: 2021年4月29日 – バージョン 21.3.2 (build 30) - ホットフィックス
リリース日: 2021年4月22日 – バージョン 21.3.1 (build 25)

Altium Designer バージョン 21.3 のリリースノート


Altium Designer 21.2

リリース日: 2021年3月19日– バージョン 21.2.2 (build 38) - ホットフィックス 2
リリース日: 2021年3月11日– バージョン 21.2.1 (build 34) - ホットフィックス
リリース日: 2021年3月04日 – バージョン 21.2.0 (build 30)

Altium Designer バージョン 21.2 のリリースノート


Altium Designer 21.1

リリース日: 2021年2月12日 – バージョン 21.1.1 (build 26)

Altium Designer バージョン 21.1 のリリースノート


Altium Designer 21.0

リリース日: 2021年1月11日 – バージョン 21.0.9 (build 235) - ホットフィックス
リリース日: 2020年12月17日 – バージョン: 21.0.8 (build 223)

Altium Designer バージョン 21.0 のリリースノート

強化したドキュメントのコメント

Altium 365 Workspace のコメント機能 に関する最近の更新と併せて、Altium Designer では、Altium サーバへ接続した時のコメント機能も改訂、拡張しました。

 

設計領域でのコメントは、グラフィック、使いやすさ、および関連情報の点で特に改善しており、以前に配置したコメントについては互換性があります。コメントは Comments パネル内から直接、配置でき、プレビュー画面のキャプチャ、フリーハンドの描画機能、チームメンバーの言及/割り当て、柔軟な表示とフィルタリング オプションが含まれます。

 

機能の詳細...

回路図エディタの生産性の改善

新しく改善したツールでは、回路図プロジェクトの接続性を解析するタスクを容易にします。ネット上にマウスを置くと、論理 (回路図) と物理 (PCB) の両方のネット名が表示されます。Alt キーを押しながらネットをクリックして、プロジェクト全体でそのネットをハイライト表示します。Alt キーを押しながらネットをダブルクリックして、ネット上にあるすべてのシートのツリーを表示し、クリックして、それらのシート上のネットを確認できます。

  • ネット解析の容易化とネット詳細の改善。
  • Projects パネルでの自動シート番号割付。
  • オフシート コネクタ用のページ参照。

機能の詳細...

設計共同作業者の表示と競合の防止

Altium デザイン編集環境でのリアルタイムのドキュメントの共有状態とコントロールの要求を満たすために、Altium デザインとサーバ プラットフォームを更新し、共有デザイン ドキュメントの現在の状態を表示するための新しいシステムを導入しました。

 

このシステムでは、共有ドキュメントを誰が表示、または編集しているかをリアルタイムで確認でき、Altium Workspace (必須) を介してデザイン クライアント間でドキュメントを共有して実現できます。共同作業者の表示は、新しい状態アイコン、Collaborators Bar、および追加のファイル ロック ロジックによって可能です。

 

機能の詳細...

Generic コンポーネント - Closed Beta のみ

このバージョンでは、特定のメーカーの部品を探して選択する必要無く、デザインに素早く配置できる標準の Generic コンポーネントの概念を導入しました。

 

Generic コンポーネントは、設計プロセスの後半でパラメータが一致する市場のコンポーネントに簡単に置き換えられるプレースホルダーとして意図されています。

機能の詳細...

SPICE シミュレーションのユーザインターフェースの更新

Altium Designer の高度な新しい SPICE シミュレーション エンジン の最近の導入 (処理速度、ソリューションの収束、精度、信頼性を向上しました) に続き、この新しいバージョンでは、デジアナ混在 SPICE シミュレーションのワークフローに関するユーザインターフェースの改善に焦点を当てています。

 

シミュレーション インターフェースの更新では、新しい直感的な Simulation Dashboard パネル、改訂した Sim Model ダイアログ、および全般的なインターフェースの更新が含まれます。新しいシミュレーション ワークフロー (Simulation Dashboard に基づいた) は、Analyses Setup ダイアログの代替の方法です。また、すぐに使用できる幅広いシミュレーション Generic コンポーネントも含まれています。

 

機能の詳細...

新しい Design Rules Editor

新しい design Rules Editor は、PCB レイアウトに使用されるデザイン制約ルールを表示、作成、および管理するための代替の方法です。ドキュメント ベースのユーザインターフェースとして提供される、再考された Rules Editor は、既存の Rules and Constraints Editor と共存しますが、PCBデザインルールと制約に対してルール指向ではなくデザイン指向の方法を採用しています。

 

既存の Rules and Constraints Editor 内からアクセスできる新しい Rules Editor では、クエリベースのルールスコープではなく、オブジェクト タイプごとに複数のルールを統合し、ルールの優先度を自動で推定して適用することにより、デザインルールをより容易に作成できます。

 

機能の詳細...

新しい PCB 配線長チューニング パターン

このバージョンでは、新しい Trombone、および Sawtooth チューニング パターンの導入により、PCB エディタの配線長チューニング テクノロジーを大幅に改善しました。これらの新しいチューニング パターンはチューニング スリーブ内にレンダリングされるため、配線に沿って、コーナーの周りでパターンを容易にスライドさせることができます。

 

機能の詳細...

改善したインタラクティブ ドラッグ

編集中のネットと隣接するネットに Gloss Effort コントロールを導入し、ビアのドラッグ動作を改善しました。差動ペアのドラッグも改善し、ドラッグ方向に関係無くペアは結合されたままになります。また、ビア ペアもドラッグ中に結合されたままになります。

 

機能の詳細...

リジッドフレキシブル設計の改善

この新しいバージョンでは、Altium Designer でリジッドフレキシブル基板を設計するプロセスを大幅に改善しました。多数のバグ修正と機能強化に加えて、Altium のリジッドフレキシブル テクノロジーの開発の次の段階である Rigid-Flex 2.0 として以下の機能改善があります:

  • 基板プランニング モードで個々の領域をインタラクティブに定義することにより、ボードシェープを構築する機能。機能の詳細....
  • 簡略化された折り曲げラインの定義。機能の詳細....
  • Properties パネルでの領域と折り曲げラインの編集を改善。
  • 近日公開 - レイヤ構成マネージャでのリアルなスタックアップの表示。

その他の機能強化と改善

上記の主要な更新に加えて、このバージョンの主な焦点は、既存の機能の洗練と改善です。フォーラムのフィードバックと Altium の BugCrunch システムに基づいて、このバージョンには多数の追加の機能強化があります。これらの改善のいくつかは次の通りです:

  • Single Component エディタで新しい Pins パネルを使用して、コンポーネントのピンを複数のパッドへマッピングできます。
  • 回路図の代替のコンポーネント シンボルに、ユーザ定義の名称を設定できます。
  • PCB Component Clearance デザインルールの追加オプション – 3D外形の無いコンポーネントをチェックから除外したり、コンポーネント境界を使用してクリアランスをチェックするかを選択できます。
  • インターナルプレーンは、信号層で配置するポリゴンと同じ構築アルゴリズムを使用できるようになり、形状の定義とパッド/ビアの接続を改善しました。
  • エンベデッドボードアレイは、任意の角度でアレイ配置できます。
  • 層の厚さのための新しい PCB スペシャルストリング。
  • より応答性の高いインタラクティブ配線のための Quick Routing と Quick Differential Pair Routing ツール。
  • 更新した ODBᐩᐩ Setup ダイアログ - メカニカルレイヤ データを出力に統合する方法をより適切にコントロールできます。
  • PCB エディタの Place メニューに、新しい四角形オブジェクトを追加しました。
  • 新しい Place » Graphic コマンドを使用して、PCB にグラフィックを容易に配置できます。
  • 10 キーで、3D ビューを移動、回転できます。
  • メカニカルレイヤを 3D に含めることができます - 3D 画像に注釈を付けるのに理想的です。
  • 3D PCB を画像として出力する新しい Export コマンド - フォーマットと画像解像度をユーザがコントロールできます。

機能の詳細...


 

 

Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

We're sorry to hear the article wasn't helpful to you.
Could you take a moment to tell us why?
200 characters remaining
You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document: