Altium Designer Documentation

WorkspaceManager_Err-BusRangeSyntaxErrorsBus Range Syntax Errors_AD

Created: September 6, 2019 | Updated: December 12, 2019
All Contents

親カテゴリ: Violations Associated with Buses

デフォルトのレポートモード:

概要

この違反は、バスが関連付けられたネットの構文が不正であると判定されたときに起こります。

通知

回路図でコンパイラerrorとwarningを表示するように設定している場合 (PreferencesダイアログSchematic - Compilerページで有効化)、問題のオブジェクトの下に色付きの波線が表示されます。オブジェクトにマウスを合わせると、違反を要約したヒントがポップアップ表示されます。Messagesパネルには、以下の形式の通知も表示されます:

Bus range syntax error <NetName> at <Location>

上記は、以下を示します:

  • NetNameは、違反したバスオブジェクトに関連付けられた親ネットの名前です。
  • Locationは、問題のバスオブジェクトの電気的ホットスポットのX、Y座標です。

推奨する解決策

Messagesパネル内で選択した違反について、パネルのDetails領域を利用して、バス構文が不正と判定された問題のネットの識別子 (例、ネットラベル、ポート、シートエントリ等) を素早くクロスプローブ表示します。正しい構文は、以下のいずれかの形式で表示されます:

  • NetName[LowerIndex..UpperIndex]
  • NetName[UpperIndex..LowerIndex]

例えば、2つの構成ネット、A0A1を運ぶバスについて考えてみます。この場合、バス構文はA[0..1]、あるいはA[1..0]となります。不正確な構文の例には以下のものが考えられます: A[0.1]A[1-0]A[0,1]A[..1]A[0..]

ヒント

  • Object Hintsは、PreferencesダイアログのSystem - Design InsightページでEnable Connectivity Insightオプションが有効な場合のみ表示されます。Connectivity Insight Options領域内のObject Hintsに関連するコントロールを利用して、そのようなヒントの起動方式を決めることができます (マウスを合わせる、またはAlt+ダブルクリック)。
Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

We're sorry to hear the article wasn't helpful to you.
Could you take a moment to tell us why?
200 characters remaining
You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document: