Altium Designer Documentation

WorkspaceManager_Err-MissingNegativeNetInDifferentialPairMissing Negative Net in Differential Pair_AD

Created: December 10, 2019 | Updated: December 10, 2019
All Contents

親カテゴリ: Violations Associated with Nets

デフォルトのレポートモード: 

概要

この違反は、デザイン内で特定の差動ペア オブジェクトのnegative極性のネットが検出されたときに起こります。そのペアのpositive極性のネットは、存在しています。

通知

回路図でコンパイラerrorとwarningを表示するように設定している場合 (PreferencesダイアログSchematic - Compilerページで有効化)、問題のオブジェクトの下に色付きの波線が表示されます。オブジェクトにマウスを合わせると、違反を要約したヒントがポップアップ表示されます。Messagesパネルには、以下の形式の通知も表示されます:

Missing Negative Net for differential pair <PairName>, positive net <NetName>

上記は、以下を示します:

  • PairNameは、positive極性のネットが既に定義された差動ペアの名前です (例、V_RX1)。
  • NetNameは、positive極性のネットの名前です (例、V_RX1_P)

推奨する解決策

この違反は、一般的に以下の状況で発生します:

  • 差動ペアのディレクティブが、信号ペアのnegative極性側のワイヤに接続されていません。ネットラベル (例、V_RX1_N) が、必要に応じて、ワイヤに接続されています。
  • 適切な名前のネットラベル (例、V_RX1_N) が、信号ペアのnegative極性側のワイヤに接続されていません。差動ペアのディレクティブが、必要に応じて、ワイヤに接続されています。

この違反を解決するには、ペアのnegativeワイヤ オブジェクトを配置し、ネットラベル、および差動ペアのディレクティブが両方とも配置され、必要に応じて、ネットラベル名が指定されていることを確かめます。negativeワイヤのネットラベルは、positiveワイヤのものと基本的に同じですが、接尾辞が_Pではなく、_Nになります。

ヒント

  • Object Hintsは、PreferencesダイアログのSystem - Design InsightページでEnable Connectivity Insightオプションが有効な場合のみ表示されます。Connectivity Insight Options領域内のObject Hintsに関連するコントロールを利用して、そのようなヒントの起動方式を決めることができます (マウスを合わせる、またはAlt+ダブルクリック)。
Found an issue with this document? Highlight the area, then use Ctrl+Enter to report it.

お問合せ

お近くの営業所にお問合せください。

We're sorry to hear the article wasn't helpful to you.
Could you take a moment to tell us why?
200 characters remaining
You are reporting an issue with the following selected text
and/or image within the active document: